大学留学の最初のハードルとは

subpage01

大学留学は英語のスキルアップには打ってつけの方法です。

中学や高校時代から英語が得意だと感じているなら、大学留学にチャレンジしてみると、さらに才能を伸ばすきっかけになります。


日本で生まれ、ずっと日本で育ってきた人にとって、日本語が通じない環境で過ごすのは大変です。

大学留学中は辛い時期が来ることがあります。

思ったように自分の英語が伝わらず恥ずかしい思いをしたり、海外の文化に馴染めなくてホームシックに掛かったりと、苦しい時期を過ごすのです。


多くの留学経験者が通る道ですが、数ヶ月耐えながら生活していたらいつのまにか克服していた、という声がほとんどです。

親子留学は人気のテーマです。

最初は日本に早く帰りたいと思っていたのに、留学年数が長くなるほど、日本に戻りたくないと思う人までいます。
確かに最初のうちは授業も分からず大変な思いをします。
海外の大学では1週間でかなりの分量の宿題が出されるので、それをこなすのにも精一杯です。


1週間で300ページ以上の本を1冊読んで、さらに内容をまとめたレポートを書くような宿題が毎回出ます。それが各授業ごとに出るとなれば、ネイティブにとっても到底間に合わないと感じるものです。

4yuuu!の有益な情報の紹介です。

最初のうちは1週間の授業をこなすのが精一杯かもしれませんが、生活するにつれ英語力もアップするので必要なところをかい摘んで読むスキルも身についていきます。



説得力のあるレポートを書くコツを掴んでいき、良い成績も取れるようになっていきます。