大学留学前に日本で英語を伸ばしておこう

subpage1

大学留学の期間には、1年間の交換留学、もしくは4年間まるまる海外の大学に通うかの2つのパターンが一般的です。

海外で過ごす時間が長ければ長いほど、語学力や国際的視野が広がっていきます。



将来どのようなスキルを得たいかで留学期間が決められます。
英語のスキルをもっと磨きたいと思ったら、大学留学は夢をかなえるチャンスに繋がります。

ジョルダンニュース!のことなら、こちらをご参考にしてください。

学校の授業からクラスメートとの雑談、普段のお買い物まであらゆる場面で英語を使って話すことになるので、日本人が苦手とするスピーキングやリスニングを伸ばせるのです。
大学留学をするには、日本にいる段階から英語力を伸ばしておくのが大切です。



海外の大学に留学するには、英語の試験をクリアし、一定レベル以上のスコアを取得しておく必要があります。この試験は、英語の読む、書く、聞く、話すの4つの技能を満遍なくテストするため、どれかに偏った勉強法では太刀打ちできません。

留学前に試験に合格しないといけないと聞くと、厄介に感じるかもしれませんが、一旦海外留学してしまえば周りの人は全く日本語がわからない人たちばかりになります。

英語の試験がクリアできないようでは、せっかく留学して授業も友達との会話もちんぷんかんぷんのまま過ぎてしまいます。
この試験さえクリアしてしまえば、あとは現地でチャレンジするのみです。他にも英語圏以外からの留学生もたくさん来ており、英語がうまく話せないという悩みは同ですから、相談し合える仲間が見つかるはずです。

注目情報

subpage2

将来は英語を使う仕事をしたいけれど、高校までそれほど真面目に勉強してこなかったので今更留学しても遅いなどあきらめている人に朗報なのは、大学留学はともすると今まで人生を大逆転させるチャンスにもなり得るということです。学歴社会の現代では、高学歴であればあるほど就職の際に何かしら有利であることは否めません。...

next

おすすめ情報

subpage3

大学留学するときに、寮に入るかアパートを借りるか検討することになります。寮が空いていると良いのですが、短期留学の場合には、他の4年制の生徒で部屋が埋まっていて借りられない場合もあるので注意です。...

next

教育の情報まとめ

subpage4

大学留学は英語のスキルアップには打ってつけの方法です。中学や高校時代から英語が得意だと感じているなら、大学留学にチャレンジしてみると、さらに才能を伸ばすきっかけになります。...

next

ためになる情報

subpage5

高い東大合格率を誇る有数の進学校の生徒が東大ではなく、ハーバードなどアメリカのトップスクールに進学するケースが出てきて話題になったことがありました。かつての大学留学は日本国内の大学に合格できない学生が目指していた時期もありましたが、世界中がグローバル化した結果、今では大きく状況が異なっています。...

next