大学留学中に住むアパートの選び方

subpage01

大学留学するときに、寮に入るかアパートを借りるか検討することになります。

寮が空いていると良いのですが、短期留学の場合には、他の4年制の生徒で部屋が埋まっていて借りられない場合もあるので注意です。アパートを借りる時は、周辺の商業施設をよくチェックしておきます。



アパートの近くにスーパーマーケットやコンビニエンスストアが徒歩圏内に無い場合があります。


大学留学中に車を買えれば良いのですが、短期留学だったり車を買う予算が無かったりするときが考えものです。

さらに身近になったBIGLOBEニュースの人気を今すぐチェックしよう。

車を運転して買い物に行けないので、毎週の買い物に苦労します。

普段の生活レベル向上のために、家の近くに買い物ができる場所があるかどうか、チェックしておくと安心できます。



アパートの周りの治安情報もチェックするのは大切です。

日本と比べて海外は治安が悪く、夜の独り歩きは危険だとよく言われます。
授業や自習で帰りが遅くなることは、大学留学中にはしばしばあることです。
日が落ちた後、治安の悪いエリアを通るのは心もとないです。

クライムマップや先輩からの情報で、どのエリアが治安の悪い場所なのか、把握しておくことが大切です。

留学中は授業もさながら、普段の生活も楽しみの一つになります。
生活の満足度を引き上げるためにも、アパート選びは慎重に行うのが基本です。

日本にいるときからインターネットを使ってアパートの物件情報は調べられますので、何件かピックアップして現地についてすぐに見に行くとスムーズに進みます。